夜更かしやスマホが肌荒れの原因!?疲れから来る肌荒れ対策!

トップページ > 夜更かしやスマホが肌荒れの原因!?疲れから来る肌荒れ対策!

夜更かしやスマホが肌荒れの原因!?疲れから来る肌荒れ対策!

スマートフォンを操作するイメージ画像
疲れている時って肌の調子がいまいちなこと、よくありますよね。

肌荒れしたつる江

録りだめしているテレビを見ていて、ついつい夜更かししてしまう、寝る前ちょっとだけのスマホいじり。

もしかすると毎日の習慣が体の疲れを引き起こし、さらに肌荒れを引き起こしているかもしれません!

肌荒れの原因は疲れ?夜更かし?まずは自分の症状をチェック!

肌荒れチェックのイメージ
寝不足や疲れは体の疲労だけでなく、様々な肌荒れを引き起こします。
特に現代人は不規則な生活が原因で疲労を抱えがちです。

こんな肌荒れのサインありませんか?

『疲れている&最近肌荒れがひどくなった』
に心当たりがある人は、疲れが原因で肌荒れが起きていないか、症状に当てはまっていないか少しチェックしてみましょう。

肌が乾燥する
体がいつもどことなく疲れている、むくみを感じている人は肌が乾燥しやすいです。
血行が悪いとターンオーバー(肌の生まれ変わり)が乱れます。
ターンオーバーが乱れると今度は、肌のうるおいを保つ成分(天然保湿因子)が作られにくくなるのです。

化粧ノリが悪い・ごわつく
疲れによりターンオーバーが乱れ、本当は洗顔などでスルリと落ちていくはずの古い角質が肌表面に残りっぱなしになると、化粧ノリは悪くなり、肌はごわつきます。
  • 手触りが良くない
  • なんだかスキンケアをしてもしみこんでいかない
この状態がごわつく、という状態です。
なめらかでない肌へのファンデーションは、塗りムラ、化粧のよれに繋がります。

ニキビが増える
そもそも、体や肌の疲れでニキビが増えるのはターンオーバーがうまくいかないから!
  • 今あるニキビが治りづらくなる
  • 毛穴に古い角質や皮脂が溜まって新しいニキビができる
結果としてニキビが増えて行ってしまうわけです。

最初増えるのは、肌がぽこっと盛り上がっているだけの目立たない白ニキビ。コメドと呼ばれるニキビの元が毛穴を埋めている状態です。

疲れにより免疫が下がるとニキビの原因菌であるアクネ菌は増殖、毛穴が炎症を起こし、白ニキビは気になる赤ニキビや黄ニキビになってしまいます。

白ニキビが炎症を起こせば起こす程、目立つニキビが増えていきます。
疲れが原因のニキビは内臓の疲れや乾燥が現れやすい、口元に出来ることが多いのも特徴!
どんな肌質の人にでもできますから、乾燥肌であっても油断は禁物です。

シミやシワが出てきた
寝不足などで疲れた肌ではターンオーバーがうまくいかなくなり、シミが目立ってくることがあります。
あわせてターンオーバーが遅くなると乾燥しやすくなる為、シワもできやすくなってしまいます。
年齢を重ねる出てくるそのシミ!若いうちから実はあった!
若い頃シミが無いのは、ターンオーバーが正常に行われ、シミがシミとして肌表面に出てくることなく、角質として剥がれ落ちているからです。

疲れから来る肌荒れの原因はみんなやってるアレだった?

肌荒れの原因のイメージ
疲れから肌荒れが起こるのは、血行不良、ターンオーバーの乱れに繋がる、何気ない生活習慣によるものがほとんど。
では実際どんな生活習慣が肌疲れに繋がるのででしょうか?

肌荒れに繋がる生活習慣はコレ!

思い当たるNGな生活習慣はありませんか?

睡眠不足
睡眠不足はターンオーバーの乱れ、肌荒れに繋がります。
目立った肌荒れが起きていない時でも、ターンオーバーの乱れは自分の肌の状態で知ることが出来ます。
  • ターンオーバーが早い=皮膚が薄く敏感になり赤みが目立つ状態
  • ターンオーバーが遅い=角質が剥がれないまま残る為皮膚が厚くなり、肌がくすみ、ごわつく状態
ターンオーバーの正しい周期は28日が目安。ターンオーバーは早すぎても遅すぎてもダメなんです。

皮膚が薄いと、水分保持できなくなり肌が乾燥しますし、逆に角質で皮膚が厚くなっても、肌表面は乾燥します。肌にトラブルが起きていると、シミやシワの原因になることもあります!

寝る前のスマートフォンやパソコン
寝る前のスマートフォンやパソコンはターンオーバーの乱れを引き起こします。

スマートフォンやパソコンから多く放射されるブルーライトは睡眠を導くホルモンであるメラトニンの分泌を抑制し、睡眠の質を低下させます。

メラトニンの分泌が抑制されると寝付きにくくなり、寝ることが出来ても睡眠の質が落ちてしまうのです。
実際に太陽の光を浴びると目が覚めるのも、太陽にもブルーライトが含まれているから。
寝る1~2時間前にはブルーライトの浴びる量を最小限に、スマートフォンやパソコンを使用を控えるのがおすすめです!

紫外線ダメージ
紫外線を過剰に浴びると肌の構造が壊れてしまうので、シワもシミもできやすくなります。

最初は肌表面のみのダメージだったのが、肌の奥の真皮にまでダメージが残ってしまうと、シミやシワは記憶されてしまい、もう消えることはありません。
紫外線を浴びると疲れます。実際に動物実験で疲労物質が血中に増えることが分かっているようです。

メイクすること
メイクすることは肌に疲れを与えます。
中でも、肌が荒れやすい時の過剰なメイクは要注意です。

ミネラルファンデーションなどの肌に優しいベースメイクでも、就寝時はかならず落とす必要があります!

メイクをしたまま寝るのは汚れた雑巾を顔にのせて寝るのと同じくらい肌にダメージを与えます。
寝る時は必ずメイクオフしましょう。
メイクにはUVカット機能が含まれているものも多く、メイクをすることで紫外線から肌を守ることができる場合もあります。ですから、すべてにおいてメイクが肌に悪いというわけではありません。

今日からはじめられる!肌荒れ中の対策方法

肌荒れ対策のイメージ
では肌を疲れから守るためにはどんな対策があのか考えてみましょう。

肌荒れ対策4選!!

簡単に出来るケア方法をご紹介します!!

睡眠をとる
できるのなら22時から2時の間に熟睡することがベストです。
この時間はお肌のゴールデンタイムと呼ばれ細胞の生まれ変わりが活発に行われます。
ターンオーバが正常に行われやすくなりますので、肌を健康に美しく保ちやすいですね!
そんな早い時間に寝れないときは?
現代人で22時には寝ているという人は少ないんですよね…。
無理な場合は0時までに寝るように心がけましょう!
今より1日早く寝る時間を作ることから始めてみてくださいね。

寝る前にスマートフォンを触るのをやめる
良質な睡眠の為に、寝る前のスマホは最小限にしましょう!パソコンやテレビも同様です。

寝にくくなるだけでなく、使用している間は時間を忘れてしまいがち。
結果寝る時間が短くなると、疲れがたまります。
  • お風呂へのスマートフォンの持ち込みをやめて、お風呂から上がったら早めに寝る
  • 寝る時手の届く範囲にスマートフォンを置かない
など意識するだけで違うと思いますよ。
『つい使ってしまう』という人が多いと思いますから、意識してスマートフォンに触る時間を減らしてみるにはいかがでしょうか?

紫外線対策をしっかり!
疲れて荒れている肌に紫外線を浴びると、肌はダメージを負い、更に疲れます。
だから、日焼け対策は万全にしましょう。
紫外線対策としては、一般的に日焼け止めを使用する場合がほとんどですが、SPFが高ければ高いほど肌への負担も大きくなります。
負担を減らす為に、日焼け止めを選ぶときはSPFが低いものを選びましょう。
日焼け止めは肌へ負担を与えますが、それでも使用を推奨されるのは紫外線が日焼け止めよりも更に肌に悪いから。

万が一肌荒れがひどく日焼け止めの使用をやめたいのなら、帽子や日傘、サングラスなどを使って紫外線を防ぎましょう。
海や山へ行くのなら、SPF50など高いものもいいですが、日常使いなら正直SPF30未満で十分。
あまり売ってないんですが、出来ればわたしはSPF15くらいのものが欲しいです。

肌疲れを軽減するスキンケア
メイクをした状態は、肌がどんどん疲れていきますからメイクは必ず落とします

肌へ触れる時はなるべく優しく、さっと終わらせましょう。
肌を触りすぎると刺激になり、肌荒れが悪化する場合も!!

参考になるか分かりませんが、肌荒している時、わたしは配合成分の多い化粧品は避けます。

『配合成分が多い=肌の刺激になる成分が含まれる可能性が高くなる』からです。
どんな成分が肌に合わなくなっているのか分かりませんからね…。もちろん成分がある程度多くても、肌に合うならOKです!

結局疲れを取るためには寝るのが一番!

睡眠は本当に重要なので、夜更かしを減らせるなら、少しだけ早めに寝る習慣をつけるのがおすすめです。
しかし仕事が忙しかったり、寝たくても寝られない、という人もいますね。

寝られない場合のケアで何かできる対策はあるのでしょうか?

夜更かしで肌荒れ?!睡眠時間が少ない人の肌荒れ対策

夜更かしで肌荒れのイメージ
仕事が忙しく、『睡眠時間を増やすのは難しいが、肌荒れは改善したい人』は、なるべく肌への負担を少なくして、質の良い睡眠を摂ることが大切。
では具体的にどんな対策が有効かご紹介します!

寝る時間が少ない人のスキンケア!2つのポイント

寝る時間がなく、忙しい時ほど雑になりがちなスキンケアはポイントを押さえてできるだけ簡単に終わらせます!

帰宅後の習慣、手洗いと一緒にメイクを落とす!
部屋でゴロゴロし始めると、メイクを落とすのが面倒になりますから、家についたら手洗いと一緒にメイクを落とす習慣を身に付けます。

最初は面倒でも慣れてしまえば楽ちんです。
疲れがピークだと「メイク落とさなきゃ!」と思いながらもメイクしたまま寝てしまいがち。

実際メイクの落とし忘れ寝てしまうと、肌へ直接的なダメージが増し、乾燥やニキビ原因になるだけでなく、肌の老化にもつながってしまいます。
メイクの落とし忘れを無くすことは、疲れ肌解決の1つの方法です。
メイクオフ後は軽く化粧水とクリームだけつけておくと乾燥を防げます。帰宅時間が遅いならメイクオフ後お風呂へ直行するのも手ですね!

お風呂から出たらすぐに保湿!
お風呂から出てて体をふいたらすぐに化粧水、美容液、クリームを塗ります。
パジャマを着る前にささっと時間をかけずに行うだけでも、潤いが保てるのを実感できます。
お風呂上りは肌の内側の水分が蒸発しやすいので、できるだけ早く行うのがポイントです。

質のよい睡眠を摂るためにできる工夫

寝る時間が少ないのなら、せめて質の良い睡眠がとれるようにしましょう。
もちろん寝られる時は寝てくださいね!
遊んで遅くなってしまう…なんて人は、がんばって生活習慣を変えてみましょう!

ぬるめの湯船につかる
40度くらいのぬるめのお湯にゆったりつかると睡眠に入りやすいとされています。
熱めのお湯は気持ち良いのですが、目が覚めてしまう為、寝る前はおすすめしません!
忙しいとどうしてもシャワーですませがち。
シャワー派の人は一度、ゆったりとお風呂につかってみてください。本当に気持ちよく眠れます。
時間がない時は15分くらいでも大丈夫ですよ!

寝る前は部屋を暗めにしてゆったり過ごす
寝付く1時間くらい前から部屋を少し暗くして過ごすと、スムーズに入眠しやすいです。
テレビやスマホ、パソコンを見るのを少しだけやめて、暖かい飲み物を飲んだり、ストレッチなどするのもいいですね。
血行が良くなり、体も温まりますし、落ち着いてゆったりした気分で眠ることができます。

徹夜が日常!夜勤がある人の肌荒れ対策!

徹夜で肌荒れのイメージ
職業によってはシフト制で夜勤があったり、そもそも夜勤のお仕事だと夜に寝ることはできません。

夜勤は、確かに肌荒れしやすい傾向にあるかもしれませんが、そこは解決法がないので、職業上仕方のないことだと割り切って、何が出来るか前向きに考えていきましょう!

睡眠の質を高めることで肌をキレイに!!

ゴールデンタイムに寝れなくても、睡眠の質を高めることで、肌の生まれ変わりはよりスムーズに行われます。

成長ホルモンを分泌する最適な時間とされているのは22時~2時のゴールデンタイムですが、その時間帯に寝れない場合でも、寝ている最中に肌は生まれ変わるのです。

睡眠の時間は90分刻みで摂る
人は浅い眠り(レム睡眠)と深い眠り(ノンレム睡眠)を繰り返して寝ていますが、その睡眠リズムが90分間隔だとされています。

一般的な割合としては90分の中で浅い眠りが20%(10分から20分程度)、深い眠りが80%(70分~80分程度)です。

浅い眠りの時に起床するとすっきり目覚めやすい為、90分間隔で起きるのがおすすめです。

また朝から仕事、学校の人は普通、朝起きる時間を一定に揃えると思いますから、逆に夜勤のみならば同じように、寝る時間と起きる時間をそろえ、規則正しい生活を送るようにします。
シフト性で不規則な生活の場合なかなか寝る時間、起きる時間を一定に保てないので、せめて睡眠の時間をある程度一定に揃えましょう。
看護師さんなど、24時間制の仕事先の方も、できれば6時間程度は寝て欲しいです。
しっかり寝てもらうことで、多少は肌荒れしにくくなると思います!

寝る時は太陽の光をシャットアウト
太陽が出てからしっかり眠る為のポイントは、遮光カーテンと雨戸で完全に光を遮った部屋で寝ることです。

太陽の光を浴びると、目が覚めてしまい質の良い睡眠がとれませんから、家に帰ったらすぐに光をシャットアウトし、照明を暗めに。

気分を落ち着けてから眠ると、質の良い睡眠が摂りやすくなります。

夜勤が終わって外に出た時の光もできるだけ避けた方が無難。サングラスやブルーライトを防ぐ眼鏡を利用するといいですね。
部屋を暗くしてもなんだか気分が落ち着かない時はホットミルクがおすすめ!
良質の睡眠を摂るために必要な成分、必須アミノ酸を豊富に含みます。
ホットミルクで体があたたまると睡眠に入りやすくなります。
わたしはお風呂の後にホットミルクを飲むのですが、すごく眠りやすいです!!

夜勤時の、お菓子や油ものは少なめに!
夜仕事をするとついつい朝方お腹が減りますが、お菓子や油ものをパクパク食べると、肌荒れしやすくなります!!
お昼に生活している時と同様、食べ過ぎないようにしましょう。

夜勤の休憩中に食べてしまいがちなおやつは、ナッツやドライフルーツに切り替えるとビタミンなどを手軽に摂ることができます。
カカオの配合量多め、糖分少なめのダークチョコレートもおすすめ。
しかしどれもある程度カロリーが高いので、食べ過ぎには注意が必要です。
暖かいものと一緒にゆっくり食べると満足度が上がります。

寝る前の食べ過ぎは肌荒れのもと!
肌を美しく保つのなら、栄養バランスの良い食事を、就寝の2時間くらい前に終わらせるのがベスト。

仕事が終わるとお腹が減りますが、「夜勤明けラーメン行くぞ!ステーキ食べちゃう!?」などガッツリ系から疲れて即寝パターンは避けましょう。

しっかり食べたい時は、起きてから出勤前に食べるようにしましょうね!
つい摂取を控えがちな炭水化物は適度に食べましょう!
食べないと、便秘や血流が悪くなる原因に。
寝る前油ものたくさん食べたけど、炭水化物摂らなかったら平気!はNGです。

疲れが原因の肌荒れに対するQ&A

疲れが原因で起きてしまう、肌荒れに関する質問をまとめてみました!
夏の疲れから肌が荒れて悩んでいます。落ち着かせる方法はありますか?
夏の疲れというのは大体が紫外線による肌の疲れ、乾燥によるものですから、秋になってからの肌荒れ対策としてはしっかり保湿することが大切!!

秋になると空気も乾燥してくるので、夏にうけたダメージはどんどん出てきます。
本当にベストなのは夏が終わってから焦るのではなく、春くらいからしっかりとUVケア、スキンケアをサボらないことが一番の対処法です。
来年からは是非気を付けてみてください!

 

夏は汗をかくので肌が乾燥していることを気づきずらいのですが、夏は気温も高く、紫外線のダメージもあり、意外と肌の内部は乾燥していることも多いのです。
肌表面がべたべたするからといって、スキンケアする時クリームを塗らないのはNG!
ケアを怠ると肌のダメージは進みます。

夜更かしが続き疲れからクマやニキビが…。短期間でどうにかきれいに見せたいです。どうすればいいですか?
疲れからくるクマやくすみにはマッサージなどがおすすめです。
マッサージ用のオイルを使用し優しくマッサージすると、血行がよくなり肌色もきれいになります。

肌のくすみが気になる場合は、スクラブやパックも有効です。
しかしニキビがある場合にはスクラブは刺激になる場合も!
スクラブにも色々な種類がありますから、肌に合うものを選びましょう。

短期間がどのくらいあるのかにもよりますが、本当に1日~2日くらいしかないのなら、ニキビは悪化させないように優しく洗顔し、きちんと汚れを落とした後保湿すること。ごしごし洗いで刺激を与えないこと。

一か月くらいあるのなら、生活習慣を正すとニキビは少しずつ落ち着いてくる可能性が高いです。
しっかり寝て、偏った食生活は避け地道にスキンケアを行いましょうね。

 

気になって触ると炎症を起こし悪化します。炎症が起きると見た目にも目立つようになってしまいますので気を付けましょう。
ニキビの赤みを落ち着けたい時は、カラミンなどの成分もおすすめです。

夜更かしや不規則な生活の疲れからくる肌荒れには、サプリやドリンクのほうが効くのでしょうか?
効く方もいるでしょうし、全く効かない方もいるでしょう。
でも正直どっちもどっちだと思います。

疲れからくる肌荒れの場合ですと、生活習慣そのものが乱れている場合が多いので、そうなるとサプリやドリンクのみで改善するのは難しいですね。

特に「寝る時間が遅い」「野菜は食べない」「運動を全くしない」など複数の要因が重なっているのなら、どこか1つからでも改善していく必要があります。

 

サプリやドリンクも、スキンケアも基本はきれいな肌を保つための手助けにすぎないということを忘れないで欲しいです。

美しい肌を保つ基本は、やはり生活習慣・食生活だと思いますよ!
そこを最大限努力した上でサプリやドリンクを補助的に使用するのが理想的です。

疲れ肌でも素肌キレイなナチュラルメイクにするCCクリーム!

素肌をキレイに見せるイメージ
CCクリームは塗って肌のシミをごまかすのではなく、光の力によって肌をきれいに見せることが可能です。
ニキビやシミ、シワが消えるわけではなく、目立ちづらくなつだけなんですが、厚塗り感がないので、厚塗りよりも逆に肌が美しく見えることもよくあります。

今まで完璧に隠してきていたならとても気になると思いますが、どうしても隠したい目立つシミやくまにだけコンシーラーを使用し、仕上げてみてください。
実際他人は顔のシミをあまり見ていないので、本当に目立つ所以外は気にしなくても分かりません。
後はフェイスパウダーで仕上げましょう。
CCクリームはニキビケアや敏感肌にも使用できるものが発売されていますので、肌荒れしていても負担を減らしながらメイクすることができますのでおすすめです。

厚塗りメイクは疲れ増!老けて見える!

くすみやくまをごまかそうとついファンデーションを厚塗りしてしまいませんか?
わたしも過去はしっかりメイクが好きでした。
出来た直後は良いんですが、時間がたつとシワにファンデーションが入り、疲れ顔、老け顔になった経験があります。
化粧を落とした後も、なんだか肌が疲れていてコンディションは最悪。

CCクリームは、ナチュラルなので、法令線にCCクリームが溜まることもないですし、落としても肌が疲れておらず、すごく素肌に自信がもてるようになりました。
もし若々しく、元気に見えるメイクをしたいなら、CCクリームメイクがピッタリです!

CCクリームを使った疲れ顔を隠すメイク

CCクリームを使ったメイクのイメージ
CCクリームを下地として使用するか、ファンデーションとして使用するかでちょっと違いがありますが、ファンデーションとして使用するのなら
  1. CCクリーム
  2. コンシーラー
  3. パウダー
の順が正しいです。

まずは基礎化粧で肌をしっかりと潤し整えた後にCCクリームを肌にのせて伸ばしていきます。
伸ばした後はパフなどできれいに整えるとより見た目がナチュラルできれいな仕上がりになります。

コンシーラーを使用する時はあまり多く肌にのせず、自然な見た目になるよう、とんとんとたたくように伸ばしていきましょう。
上にパウダーをのせたらベースメイクは完成です!

より血色を良く見せたいのなら、チークを頬の他にも顎や耳に薄くつけると良いです。肌色が明るく見えます!

夜更かしは疲れ、肌荒れの原因!!できる限り睡眠はとりましょう

現代人は疲れやすい生活を送っている人がとても多いのではないでしょうか?

すべて改善するのは無理でも、少しだけ気を付けるだけで改善できることもあります。
まずは簡単なことから生活習慣を見直してみてはどうでしょう?

寝る前のパソコン・スマートフォンの使用時間を減らすくらいなら、すぐに実行できるのではないかと思います!

最初はソワソワしてしまうかもしれませんが、慣れればなんてことありません。
自分にできることから始めてみてくださいね!